仕事のためのライフハックの体力づくり

情報通信の業界では、仕事をうまくこなすノウハウをライフハックとして重宝する。効率は働くうえで重要な要素であり、必要な作業を短時間で終わらせるためのコツを知っていれば、大変便利である。
プログラマーは頭脳労働というイメージがあるが、体力が勝負である事が多い点にギャップがある。効率よく仕事を終わらせなければ、体力が損なわれて仕事にも支障をきたしかねない。そのため、いかに省力化して体に対して負担をかけずに作業による疲労を抑えることができるかが、ライフハックのテクニックの使い所である。うまく作業をこなす事ができる情報技術者は、限られた体力の中で最大限の成果を上げることができるテクニックや習慣を持っている。
また情報技術者にとっては、ライフハック術で体力を温存することを心がけると共に、基礎体力の増強を行うという事もまた重要なテーマである。時にはデスクから離れて、体力づくりのためのトレーニングを行わなければならない。コンピューター技術者のイメージと体力作りという点では、そこに大きなギャップは確かにある。
しかし、集中力を持続させるための体力づくりが、作業の結果に大きく影響する傾向が大きい。このことから、体力づくりのためのトレーニングに関しても効率化のテクニックを駆使して、短期間で体力を増強させる事ができる。忙しいスケジュールの中で、集中力の基礎となる体力づくりを以下に効率的にこなすかが、鍵となる。